1   2074 View

村上春樹 長編小説 人気投票ランキング

タグ: 小説 ランキング ハルキニスト ノーベル文学賞 

ノーベル文学賞の候補として毎年、話題にのぼるベストセラー作家「村上春樹」の長編小説で一番のオススメはどの作品ですか?

第1回  投票開始日時:2013-6-29 18:20:00~

  
第1回受付終了まであと 848票!
スプートニクの恋人
  • star_borderstar_borderstar_borderstar_borderstar_border
  • (0)
出版社・講談社
「ぼく」の友人「すみれ」は、いささか変な女の子だった。ぼくは、すみれに恋をしていたが、自分の気持ちを伝えることが出来ない。なぜなら、すみれ自身恋をしたいと思ったことがなかったから。ところが、すみれが22歳の春、彼女は突然恋をした。17歳年上の女性に。
1973年のピンボール
  • star_borderstar_borderstar_borderstar_borderstar_border
  • (0)
出版社・講談社
「僕と鼠もの」シリーズの第2作。大学卒業後、翻訳で生計を立てていた「僕」は、ひょんなことから双子の女の子と共同生活を送ることに。「僕」はかつて「鼠」と夢中になったスリーフリッパーのピンボール台「スペースシップ」を捜し始める。
11
4.61%
1Q84
  • star_borderstar_borderstar_borderstar_borderstar_border
  • (0)
出版社・新潮社
天吾と青豆は孤独な少年少女として、放課後の小学校の教室で黙って手を握り見つめ合うが、そのまま別れ別れになる―。Book1、Book2では暗殺者として裏の顔を持つ青豆が主役の「青豆の物語」と、予備校教師で小説家を志す天吾を主人公の「天吾の物語」が交互に描かれる。Book3では、青豆と天吾を調査する牛河を主人公とした「牛河の物語」が加わる。
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
  • star_borderstar_borderstar_borderstar_borderstar_border
  • (0)
出版社・文藝春秋
多崎つくるは、木元沙羅と交際中だが、なかなか関係が進展しない。沙羅は、高校時代の友人から絶交されたことについてのわだかまりがあるのではいかと考えたつくるは、当時の友人たちに会って直接話をすることで、事態を打開するように勧める。絶交の真意を知ったつくるは、あらたに沙羅との関係を進展させようと決意する。
ノルウェイの森
  • star_borderstar_borderstar_borderstar_borderstar_border
  • (0)
出版社・講談社
直子とはじめて会ったのは神戸にいた高校2年のときで、直子は僕の友人キズキの恋人だった。しかしキズキは高校3年の5月に自殺してしまった。その後、偶然1年ぶりの再会を果たす直子と僕。二人は休みの日に会うようになり、デートを重ねた…。限りない喪失と再生を描く長編小説。
風の歌を聴け
  • star_borderstar_borderstar_borderstar_borderstar_border
  • (0)
出版社・講談社
「僕と鼠もの」シリーズの第1作。東京の大学に通う「僕」は、夏休みに帰省する。東京で付き合っていた女性は春に自殺してしまった。夏休みの間、「僕」は友人の「鼠」と、とりつかれたように酒を飲み続けた。「僕」は、バーの洗面所で女性を介抱し、家まで送る。彼女は左の小指がなかった―。「僕」のほろ苦い青春を描く物語。
ねじまき鳥クロニクル
  • star_borderstar_borderstar_borderstar_borderstar_border
  • (0)
出版社・新潮社
会社を辞めて日々家事を営む「僕」と、雑誌編集者として働く妻「クミコ」は平穏な結婚生活を送っていた。しかし、ある日クミコは僕に何も言わずに姿を消す。僕はやがてクミコの失踪の裏に、彼女の兄「綿谷ノボル」の存在があることを突き止めるが…。
羊をめぐる冒険
  • star_borderstar_borderstar_borderstar_borderstar_border
  • (0)
出版社・講談社
「僕と鼠もの」シリーズの第3作。「僕」が経営している広告代理店を、大物右翼「先生」の秘書が訪れる。彼は「特別な羊」を探せという。「羊」は、「僕」の会社で編集したPR誌の写真に、偶然写っていた。その写真は、消息不明の「鼠」によって、北海道から送られてきたものだった。「僕」は「ガールフレンド」と「羊」を探す旅に出る。
国境の南、太陽の西
  • star_borderstar_borderstar_borderstar_borderstar_border
  • (0)
出版社・講談社
バブル絶頂期の東京が舞台。僕は一人っ子であることに、不完全な人間という自覚を持ちながら育つが、成長と共にそれを克服しようとする。結婚、バー経営の成功など裕福で安定した生活を手にするが、改めて「僕」の存在の意味を考える。そんな僕の前にかつて好きだった女性が現われる…。
海辺のカフカ
  • star_borderstar_borderstar_borderstar_borderstar_border
  • (0)
出版社・新潮社
四国に移り住み、自立を願う主人公の「僕」と、東京に住んでいる猫と話ができる不思議な老人、ナカタさんに次々と起こる出来事をパラレルに描く。「僕」が家出をした同じ頃、ナカタさんは迷い猫の捜索を引き受けるが、その後、事態は思いがけない方向へと向かう。2つの物語はやがて「入り口の石」につながってゆく。
  
ダンス・ダンス・ダンス
  • star_borderstar_borderstar_borderstar_borderstar_border
  • (0)
出版社・講談社
鼠三部作の続編。フリーのコピーライターとして「文化的雪かき」に従事する「僕」は、何かに呼ばれているような焦燥を感じていた。確かめるために、もう一度「いるかホテル」に戻らなければならない。誰かが「僕」を求め、「僕」のために涙を流しているのだ。
アフターダーク
  • star_borderstar_borderstar_borderstar_borderstar_border
  • (0)
出版社・講談社
真夜中の街に留まる浅井マリと、眠り続ける浅井エリ。「私たち」は、浅井マリがひとり熱心に本を読んでいる姿を見つける。そこに彼女を知る青年・タカハシが声をかけてくる。一方、暗い部屋の中でひとり眠り続ける、マリの姉エリ。部屋の片隅にあるテレビが、0時ちょうどになった瞬間奇妙な音を立て始め、そして不可解な映像を映し出す。
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
  • star_borderstar_borderstar_borderstar_borderstar_border
  • (0)
出版社・新潮社
「世界の終り」と「ハードボイルド・ワンダーランド」に分かれた構成で描かれる。世界を異にする一人称視点(「僕」と 「私」)からの叙述が、章ごとに交互に入れ替わりながら、パラレルに進行していく。第21回谷崎潤一郎賞受賞作品。
  


2019春アニメ動画一覧のアニメダ
  評価順一覧   

 
コメント
GUEST/x60uFoMNs    2018-01-11 01:11:59

海辺のカフカが好きです。

0    
  
1件のコメントを表示中

『村上春樹 長編小説 人気投票ランキング』のカテゴリ